「イラスト de 港湾」展

千葉ポートタワー1階市民ギャラリーでは、「イラストde港湾」展を開催しています。

◆展示名 イラストde港湾
◆作・絵 湊乃あかり
◆期 間 2018年7月1~29日
◆内 容 千葉港の特徴や港の役割り、船のことなどイラストで分かりやすく学べます。

★千葉港の展示を始めようと思ったきっかけ★

日本の重要な物流拠点である千葉港の重要性を、子供たちや港湾に関わったことが無い方たちに分かりやすく伝えたかったからです。
2015年、千葉県庁に入庁し、南船橋の葛南港湾事務所に配属されました。
最初に思ったことは、「はて・・港とは・・・??」
20年生きてきて、港をみたり知る機会は無く、また自分が港で働くなんて考えたこともありませんでした。

しかし、毎日い働いて色んな種類の船を眺めているうちに、千葉港が私たちの生活の中で重要な物流拠点であることを知りました。
港湾の世界は、仕組みや専門用語が多く、理解するのに時間がかかり、自分の頭を整理するためにイラストを描いていました。
気付いたら、数十枚になり、これをきちんと形にして、子供たちや、港に関わったことが無い人に千葉港の重要さを伝えられたらなと思い、イラスト展を開きました。

★作者プロフィール★

湊乃あかり(本名:小林志織)1995年生まれ
・千葉県浦安市、松戸市、柏市で育つ
・子供の頃から絵を描くのが好き。
・活字が苦手で、ノートはイラスト(落書き)でとっていた。
・得意科目は座学以外。
・現在は障害福祉に携わっている。
・趣味は演劇をみたり、やってみたり。スキーとかも好き。

Share